大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

開発法

開発法(かいはつほう)

更地鑑定評価手法の一つ。

①一体利用することが合理的と認められるときは、価格時点において、当該更地最有効使用の建物が建築されることを想定し、販売総額から通常の建物建築費相当額及び発注者が直接負担すべき通常の付帯費用を控除して求める手法。

②分割利用することが合理的と認められるときは、価格時点において、当該更地を区画割りして、標準的な宅地とすることを想定し、販売総額から通常の造成費相当額及び発注者が直接負担すべき通常の付帯費用を控除して求める手法。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional