大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

部分鑑定評価

部分鑑定評価(ぶぶんかんていひょうか)

対象確定条件の一つで、不動産が土地及び建物等の結合により構成されている場合において、その状態を所与として、その不動産の構成部分を鑑定評価の対象とすること。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional