大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

財産分与時の不動産の評価方法について

財産分与時の不動産の評価方法について

離婚時の財産分与について質問です。(2012/4質問)

質問者:個人

離婚時の財産分与について質問です。
現在、離婚協議中で自宅マンション(残債ローンあり)と夫経営の歯科医院の評価が必要です。評価方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

離婚時の財産分与には、相続の評価と違って、評価方法に決まりはありません。したがって、お互いが納得できる範囲であれば、どのような方法、価格でも構いませんが、一番確実な方法は不動産鑑定士による鑑定評価です。ただし、不動産鑑定士に依頼する場合、費用がかかるため、路線価や購入時の価格を参考に価格を決めることもできます。また、不動産会社の簡易査定を利用することもできます。
以上のいずれかの方法で不動産の価格を決め、その他の財産と合計して財産を2分割にします。
また、残債ローンがある場合、評価額から残債ローンを引いた額が、不動産の価値となります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional