大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

純山林判定

純山林判定

純山林判定

財産評価基本通達49なお書きでは「市街地山林について宅地への転用が見込めないと認められる場合には、その山林の価額は、近隣の純山林の価額に比準して評価」することが定められています。
純山林判定でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

このようなときにご活用ください

1.経済合理性による判断の適否

・宅地転用の可否がわからない?
・高圧線が所在するが移設費用がいくらかわからない?

2.物理的要因による判断の適否

・傾斜度が何度かがわからない?

3.その他

・純山林、中間山林、市街地山林のどれに該当するかがわからない?

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional