大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

底地/事業用借地権が付着した底地

底地/事業用借地権が付着した底地

鑑定評価額約8,700万円
路線価方式による評価額約1億円
所在地京都府八幡市
面積底地:2,400㎡
用途地域第二種住居地域(建蔽率60%、容積率200%)
価格時点平成24年

【ポイント】
①残存期間が残り8年。

【評価】
対象地の更地価格を査定し、この価格から借地権価格を控除して、底地価格を求めました。
借地権割合については、定期借地権の残存期間、低減割合等を勘案し、10%と査定しました。

更地価格   9,840万円
借地権割合  10%
借地権価格  984万円

  984万円×10%=984万円

底地価格  8,860万円

  9,840万円-984万円=8,860万円

【解説】
本件は、事業用定期借地権が付着した底地の評価です。底地割合については定期借地権等の目的となっている宅地を評価する場合の残存期間年数に応じた割合等を勘案し、10%と査定しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional