大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

広大地判定

広大地判定

広大地判定

財産評価基本通達において①地積が大きく、②戸建分譲地に適しており、③道路等の潰れ地が発生することが合理的な土地については、広大地の評価適用で評価減が見込めます。
広大地判定でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

このようなときにご活用ください

1.マンション適地か否かがわからない?

・容積率は200%あるが、最寄駅からの距離が遠い場合
・容積率が200%で、戸建住宅とマンションが混在している場合

2.公共公益的施設用地(開発道路)の有無がわからない?

・対象地の奥行は十分だが開発道路は必要だろうか?
・開発基準面積より小さいが適用できるのだろうか?

3.その他

・著しく大きいといえるだろうか?
・市街化調整区域内の宅地(雑種地)だが、広大地に該当するのだろうか?

 広大地判定フローチャート

大規模工場用地に該当するか(該当する場合、非該当)

マンション適地か(マンション適地の場合、非該当)

③その地域の標準的な住宅の画地規模より著しく面積が広大

公共公益的施設用地(開発道路)が必要か

広大地」に該当

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional