大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

収益還元法

収益還元法(しゅうえきかんげんほう)

対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより、対象不動産の試算価格を求める手法(この手法による試算価格収益価格という)。
収益価格を求める方法には、一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法(直接還元法)と連続する複数の期間に発生する純収益及び復帰価格を、その発生時期に応じて現在価値に割り引き、それぞれを合計する方法(DCF法)がある。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional