大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

不動産鑑定評価基準

不動産鑑定評価基準

総論

第1章 不動産の鑑定評価に関する基本的考察
 第1節 不動産とその価格
 第2節 不動産とその価格の特徴
 第3節 不動産の鑑定評価
 第4節 不動産鑑定士の責務
第2章 不動産の種別及び類型
 第1節 不動産の種別
 第2節 不動産の類型
第3章 不動産の価格を形成する要因
 第1節 一般的要因
 第2節 地域要因
 第3節 個別的要因
第4章 不動産の価格に関する諸原則
第5章 鑑定評価の基本的事項
 第1節 対象不動産の確定
 第2節 価格時点の確定
 第3節 鑑定評価によって求める価格又は賃料の種類の確定
第6章 地域分析及び個別分析
 第1節 地域分析
 第2節 個別分析
第7章 鑑定評価の方式
 第1節 価格を求める鑑定評価の手法
 第2節 賃料を求める鑑定評価の手法
第8章 鑑定評価の手順
 第1節 鑑定評価の基本的事項の確定
 第2節 処理計画の策定
 第3節 対象不動産の確認
 第4節 資料の収集及び整理
 第5節 資料の検討及び価格形成要因の分析
 第6節 鑑定評価方式の適用
 第7節 試算価格又は試算賃料の調整
 第8節 鑑定評価額の決定
 第9節 鑑定評価報告書の作成
第9章 鑑定評価報告書
 第1節 鑑定評価報告書の作成指針
 第2節 記載事項
 第3節 附属資料

各論

第1章 価格に関する鑑定評価
 第1節 土地
 第2節 建物及びその敷地
 第3節 建物
第2章 賃料に関する鑑定評価
 第1節 宅地
 第2節 建物及びその敷地
第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価
 第1節 証券化対象不動産の鑑定評価の基本的姿勢
 第2節 処理計画の策定
 第3節 証券化対象不動産の個別的要因の調査等
 第4節 DCF法の適用等
附則

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional